「ほっ」と。キャンペーン

カルトナージュ制作日記 横浜・元町のハンドクラフト雑貨委託販売店「atelier ouvrage」さんにて作品を販売させていただいています。


by o-ganic
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2011年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

カルトナージュでフォーマルバッグを作りました。
参考にしたデザインは土屋鞄のフォーマルバッグ。こちら→http://www.tsuchiya-kaban.jp/fs/a184/067
土屋鞄は娘のランドセルを買って以来、上質な素材と、丁寧な縫製がとっても気に入って、自分のお財布や主人のお財布も土屋鞄のものを愛用しています。
このフォーマルバッグも欲しかったのですが、28000円というお値段(土屋鞄にしては安いので買いでしたが)に迷っているうちに、あっという間に完売!再販はないということなので、この四角い形・・・もしかして作れるかも?とカルトナージュで作ってみました。
上質感を出すためにめったに使わない黒のモアレを使用。ユザワヤに買いに行ったら黒だけなくて、スワニーまで行って買いました。スワニーの方が少しだけお安かったです。側面と内ぶた部分しか柄が出ないので本当にちょっぴり使いなのですが、モアレ使いはぐっと高級感が出ます。
メインの表地に使ったのは、昨年、スワニーの合皮ハギレのセールで一枚なんと80円で買ったレース貼りの厚手のバッグ用の生地。どうやって使おうかと使い道に悩んでいましたが、このデザインにちょうどぴったり合って活用できて良かったです。内側は、桂由美のロゴ入りサテンジャガード。慶弔両方使いできるよう水色にしました。持ち手は、黒の革で上質感を出しました。
本物の土屋鞄のバッグには遠く及びませんが材料費10分の1以下イヤ、20分の1以下か?で出来て自己満足です。なんせ、一番高い材料が革ひも約600円なんですから・・・
カルトナージュは厚紙で作るので、どうしても重くなってしまいます。それが重量感があって高級感につながるのですが、持ち歩くものは軽くてコンパクトなものに限るという私の信条に反するので、カルトナージュのお出かけバッグは作ったことがなかったのです。こちらも約450グラムあります。でもたまにしか使わないものだし、まぁいいか?グラスラインのスーツと、以前パート先の社長の奥様に頂いたローラアシュレイのシフォンスカーフと合わせてみました。もちろん喪服にも合います!
難しそうに見えます?が・・・基本のブッグスタイルの応用なので初心者さんでも簡単に出来ます!だって、永久初心者クラスの私が出来るのですから・・・
a0200361_9572526.jpg
a0200361_9581495.jpg
a0200361_9583646.jpg

[PR]
by o-ganic | 2011-01-31 09:58

スノーブーツ

私の住んでいる地域は、今シーズンはまだ雪が降っていませんが、例年になく寒い日が続いています。あまりの寒さに昨日ついにスノーブーツを買ってしまいました。画像がとっても下手なので、詳しくはこちらへ★ホーキンス スノーブーツ★
人気のABCマートで売っているホーキンスのブーツです。
私は黒にドット模様のものを買いました。ミント色のロゴ使いがとっても可愛いです。茶色にピンクのロゴの方がお洋服に合わせやすくていいかなとも思ったのですが、茶色のブーツは何足か持っているので、遊び心のあるドット模様を選びました。とっても軽くて暖かくて履き心地良いです。
普段はSサイズですが、厚い靴下を履いたりパンツをブーツインする時のためにMサイズを選びました。色によっては1990円になっていましたが、私の買った色は3990円でした。
とっても暖かいので雪が降っていなくても履きたいです。公園遊びに付き合っていた娘が小さかった頃にあったらよかったなぁ。
a0200361_1055651.jpg

[PR]
by o-ganic | 2011-01-29 10:06
カルトナージュばかりでなく、あまり上手ではないですがミシン作業もたまにします。
最近は娘に頼まれたものを必要に迫られて作るくらいですが、先日、ブレーメンの音楽隊の生地でレッスンバッグを作ってみました。セールで50センチ245円で買ったお買い得生地です。最初はカルトナージュのバインダーでも作ろうかと思っていたのですが、ふと、気が変わってレッスンバッグにしてみました。生地の柄から、学校で使う絵本バッグでも習い事のピアノのレッスンバッグでもいいかな?と思って・・・ピアノのレッスンバッグは、数年前に作ったものがまだ使えるのですが、そろそろ気分を変えて違うのを使っても良いかな~と。
娘に見せたら、絵本バッグはもっと小さいのがいいので、ピアノバッグにすると早速使い始めました。確かにもう、絵本というより、読みものを借りることが多いからレッスンバッグサイズだと大きいかもね。ちなみに絵本バッグ・・もとい、図書バッグはペットボトルのおまけ(市販品)を使っています。アリス柄で結構可愛いのです。
内ポケットは月謝袋がぴったり入る大きさにしました。バッグの中に入っているファイルはカルトナージュで作った楽譜ファイルです。2年前の発表会で使いました。
下部にある楽譜を先生に弾いてもらったところ、でたらめな楽譜だったということです。ちゃんとした楽譜だと著作権に引っかかってしまうものね。

ミシン作業はたまにしかしないので、こんな簡単なバッグ一つ作っただけで
a0200361_23435893.jpg
a0200361_23443382.jpg
とっても疲れてしまいました。
[PR]
by o-ganic | 2011-01-27 23:44
一年ほど前から、横浜・石川町にあるハンドメイド雑貨の委託販売のお店「mama*s BEAT」さんhttp://www.cafe-mamalade.com/にo-ganicという作家名でカルトナージュ作品その他を委託販売させていただいています。
お店の周辺は女子校が多いという場所柄、カルトナージュ作品も箱物より、ステーショナリー系が良く売れます。
もうすぐ中学受験なので、合格が決まった親子が手続きの帰りにでもお店によって入学準備をすると想定して、パスケースを納品することにしました。こちらは完全オリジナルレシピで、厚紙の厚さや大きさなど、数ミリ単位で試行錯誤を繰り返して?生まれた作品です。自分でも愛用していてとっても使い勝手が良いです。今までも何度か納品させていただきましたが、有難いことに全部お買い上げ頂きました。パスケースは学生さんだけでなく、小学生からお年寄りまで幅広い年代で使っていただけると思います。

ハガキサイズクリップボードも、密かなヒット商品?で、ハガキサイズのカードを挟むのにちょうど良いサイズに作りました。バーゲンのDMとか、スーパーで無料でもらえるレシピカードとか、伝言メモとか、「勉強中」とかのメッセージを挟んでドアノブにかけておくとか使い方は色々です。プチプライスなのも良いのかもしれませんね。

mama*s BEATさんは、たくさんの作家さんのハンドメイド作品が販売されていますが、どの作家さんも丁寧なお仕事で、素敵な作品を提供されているのに、お値段がびっくりするほどお安いのです。販売手数料を差し引いたら材料費のみで、利益ないんじゃないのと心配になっちゃうほどです。皆さん、本当に手作りが好きで作ってますという感じが伝わってきてそれが、とっても暖かい雰囲気のお店につながってているように思います。
こういった手作り好きさんの作品の提供の場を作って下さっている店長さんには本当に感謝です。雑貨屋さんをやりたいっていう人はたくさんいますが、それを実現できる人はなかなかいないと思います。運営はとっても大変だとは思いますが、お店がずっと続くよう、私も少しでも売り上げに貢献できればいいなと思います。
a0200361_23294130.jpg
a0200361_233082.jpg
a0200361_23303084.jpg

[PR]
by o-ganic | 2011-01-21 23:31
カルトナージュというと、フランスマダムのセレブな伝統工芸で、フランス製の高いインテリア生地やタッセル使いの高級感あふれる箱を作るというイメージがありますが、私の作るカルトナージュは普段使いのものが多いです。今回作ったものも、年賀状とかのハガキを収納するボックスです。生地もカラフルな可愛い感じのものが好きです。市販の折りたたみ式のボックスを参考にしましたが、市販品は背中に穴が空いていますよね。持ち運びしやすいようにでしょうか?厚紙に穴を開けるのはとっても大変なのでこちらは省略してしまいました。
我が家は狭く、収納が少ないので、作って飾るだけのクラフトより、収納しながら飾れるカルトナージュはとっても実用的で、作りがいがあるのです。この点もカルトナージュにはまった理由です。a0200361_9143521.jpg
a0200361_9165163.jpg

[PR]
by o-ganic | 2011-01-19 09:20

はじめまして。

o-ganicです。可愛い柄の生地を見ると作るあてもなく買い込んでしまって、ソーイングだけでは消費できないし、箱物が好きなので、2007年よりカルトナージュを習い始めました。
針も糸も使わず、工作感覚で出来、大好きな生地を使って作れるのですっかりはまってしまいました。
このブログでは主にカルトナージュ制作日記と、たまに愚痴を書かせていただきたいと思います。もしかしたら、愚痴の方がおおくなっちゃうかも?
よろしくお願いします。
[PR]
by o-ganic | 2011-01-18 00:00