カルトナージュ制作日記 横浜・元町のハンドクラフト雑貨委託販売店「atelier ouvrage」さんにて作品を販売させていただいています。


by o-ganic
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブランコが揺れるお花のリース貯金箱

小学6年生の娘の作品です。
a0200361_1113150.jpg

夏休みの宿題として作り、ゆうちょ銀行の貯金箱コンクールに学校代表として出展し、学校代表賞を頂きました。
いつものごとく、貯金箱を宿題として提出した子が少なかったので学校代表となっただけなんですけどね。
出展していたことも知らされず、どこに行ったんだろうかと思っていたところ、冬休み前に帰ってきました。
お金を入れるとブランコが揺れる仕掛けなんだけどイマイチ動きが悪かったりもしますが、ちゃんと取り出し口をつけたりと実用性を重視しました。
a0200361_1121612.jpg
a0200361_1123788.jpg

リース土台はカルトナージュです。

元ネタはこちら。
a0200361_1131423.jpg

夏休みの宿題=貯金箱という公式が成り立つくらい知られたもので、昔から「アイディア貯金箱を作ろう」という本が色々出版されていて、この本を偶然見つけて「カルトナージュで出来そう」と参考にしようと購入したのです。

本に載っている作り方だと、お金の取り出し口がついていないので「それはありえんやろ」とオリジナルで取り出し口を作りました。
本のは、全部色紙で出来ているのですが、耐久性を考えて布貼りで飾りも布で作りました。
本のように小鳥でもぶら下げてと思っていましたが、娘が「ブランコに乗っている女の子がいい」というので、女の子に挑戦しましたが、これがとっても時間がかかってしまいました。ただでさえ、時間がない夏休みだったので夏休み中に仕上がるのだろうかと心配しましたがなんとか完成しました。

これで6年間作ってきた貯金箱作りも最後かな?
1年、4年、6年と、3回学校代表として出展できて良い思い出になりました。
その先の賞へは残念ながら進めませんでしたが、入賞作品を拝見すると、気合いの入れ方が違うなぁというか、あまり実用性を重視していなくて良いんだな~とか色々思うことあったり。とにかく、作品作りは実用性重視という我が家の家訓?に従ってどれも自己満足いく作品が作れて良かったのだと思うことにしています。



樹木の分類って難しいですよね。
ほぼ実物を見たこともないのに、分類せよ、なんて問題・・・難しすぎる。
樹木については、確か小学校3年生で習った単元。
でも、学校では、「家や近くの公園の木を調べましょう」程度でさらっと流しただけで終わってしまいました。
同じ松でも落葉するのと常緑なのとかあったり、葉っぱとどんぐりの組み合わせを問うてみたり、試験問題にすると、いくらでも難しくなるのね~
で、昨日思い立って、本気で覚えてもらおう作戦開始。
a0200361_1119447.jpg

良いごろ合わせを思いついた~(企業秘密)

今日は、(過去問合格最低点とれずの)一月校の願書を完成させるぞ(宣言)
[PR]
by o-ganic | 2013-12-27 11:22 | 手仕事